「美しい自然・資産を未来に継承するために」

「美しい自然・資産を未来に継承するために」

近年の環境意識の高まりとともに、土壌・地下水汚染問題が社会的に広く認知されてきました。また、『土壌汚染対策法の施行・改正』により、開発事業等の際に土壌汚染状況調査を行う機会が増えてきました。
新和設計は、『土壌汚染対策法に基づく指定調査機関(環境大臣指定)』として、土壌汚染状況調査の計画・立案、行政対応までの一連のサポートに努めます。

土壌ガス調査

揮発性有機化合物等による土壌汚染評価

土壌ガス採取状況

土壌ガス採取状況

土壌ガス濃度の解析結果(コンター図)

土壌ガス濃度の解析結果(コンター図)

表層土壌調査・ボーリング調査

重金属類等や農薬類等による土壌汚染評価

コアカッターによる被覆除去状況

コアカッターによる被覆除去状況

ボーリングによる土壌採取

ボーリングによる土壌採取

土壌汚染リスク診断調査

土壌汚染対策法の地歴調査

|土地変遷のイメージ(空中写真)
※写真の場所は土壌汚染とは何ら関係ありません

|土地変遷のイメージ(空中写真)※写真の場所は土壌汚染とは何ら関係ありません

1970年

|土地変遷のイメージ(空中写真)※写真の場所は土壌汚染とは何ら関係ありません

2000年


騒音・振動調査

騒音規制法・振動規制法に基づく調査

振動レベル測定結果の一例

振動レベル測定結果の一例

水質調査

地下水位計設置観測

地下水位計設置観測

河川水の採水

河川水の採水

指定調査機関情報

名称 親和設計株式会社
指定番号 環2003-2-2012
住所 山形県米沢市大字花沢880番地
連絡先 電話番号:0238-22-1170
FAX番号:0238-22-2422
E-mail:info@shinwasekkei.co.jp
事務所の所在地 山形県米沢市
業の登録・許可の状況 地質調査業/測量業/建設コンサルタント業/補償コンサルタント業/建設業
土壌汚染調査の
従事技術者数
3人
土壌汚染調査の
元請での受注件数
年度 (1)法対象 法対象外
(2)資料等調査 (3)試料採取・分析
令和2年度 0 1 3
令和元年度 0 2 3
平成30年度 0 2 1
土壌汚染調査の
下請での受注者数
年度 (1)法対象 法対象外
(2)資料等調査 (3)試料採取・分析
令和2年度 0 0 0
令和元年度 0 0 0
平成30年度 0 0 0
技術者の保有資格と
資格保有数
地質調査技士(土壌・地下水汚染部門):6名
土壌環境リスク管理者:1名
土壌汚染調査技術管理者試験合格者:1名
業務品質管理の
取組状況
環境省「第4編指定調査機関に係るガイドライン」に基づく取組を実施。
弊社品質マネジメントシステム(ISO9001認証取得)に基づく取組を実施。
名称
親和設計株式会社
指定番号
環2003-2-2012
住所
山形県米沢市大字花沢880番地
連絡先
電話番号:0238-22-1170
FAX番号:0238-22-2422
E-mail:info@shinwasekkei.co.jp
事務所の所在地
山形県米沢市
業の登録・許可の状況
地質調査業/測量業/建設コンサルタント業/補償コンサルタント業/建設業
土壌汚染調査の
従事技術者数
3人
土壌汚染調査の
元請での受注件数
令和2年度
(1)法対象 法対象外
(2)
資料等調査
(3)
試料採取・分析
0 1 3
令和元年度
(1)法対象 法対象外
(2)
資料等調査
(3)
試料採取・分析
0 2 3
平成30年度
(1)法対象 法対象外
(2)
資料等調査
(3)
試料採取・分析
0 2 1
土壌汚染調査の
下請での受注者数
令和2年度
(1)法対象 法対象外
(2)
資料等調査
(3)
試料採取・分析
0 0 0
令和元年度
(1)法対象 法対象外
(2)
資料等調査
(3)
試料採取・分析
0 0 0
平成30年度
(1)法対象 法対象外
(2)
資料等調査
(3)
試料採取・分析
0 0 0
技術者の保有資格と
資格保有数
地質調査技士(土壌・地下水汚染部門):6名
土壌環境リスク管理者:1名
土壌汚染調査技術管理者試験合格者:1名
業務品質管理の
取組状況
環境省「第4編指定調査機関に係るガイドライン」に基づく取組を実施。
弊社品質マネジメントシステム(ISO9001認証取得)に基づく取組を実施。